• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

百折不撓の解説 - 学研 四字辞典熟語

何度失敗して挫折ざせつ感を味わっても、くじけずに立ち上がること。どんな困難にも臆おくせず、初めの意志を貫くこと。
注記
「百折」は、何度も折れること。「撓」は、枝などがたわんだり、まがったりすることで、気力がなえること。「不撓」でくじけないこと。
表記
「不撓」を「不倒」「不当」などと書きちがえない。
出典
蔡邕さいよう「橋大尉碑きょうたいいのひ
用例
元来轟君は金持に似合わない精悍せいかんな、腕力と自信の持主で、株式界にいた頃でも百折不撓の評判男だったそうです。〈夢野久作・二重心臓〉

百折不撓の解説 - 小学館 大辞泉

何回失敗しても志をまげないこと。「百折不撓の精神」

キーワード[意志]の四字熟語

キーワード[がんばる]の四字熟語