• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大阪府堺市南郊の台地上にある古墳群。大山 (だいせん) 古墳履中天皇陵古墳反正天皇陵古墳など、5世紀に属する巨大古墳が多い。二十数基の前方後円墳を含む数十の古墳からなり、うち23基が、令和元年(2019)「百舌鳥・古市古墳群-古代日本の墳墓群-」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。→古市古墳群

[補説]世界遺産に登録された23基
反正天皇陵古墳、仁徳天皇陵古墳(大山 (だいせん) 古墳)、茶山古墳、大安寺山 (だいあんじやま) 古墳、永山古墳、源右衛門山 (げんえもんやま) 古墳、塚廻 (つかまわり) 古墳、収塚 (おさめづか) 古墳、孫太夫山 (まごだゆうやま) 古墳、竜佐山 (たつさやま) 古墳、銅亀山古墳、菰山塚 (こもやまづか) 古墳、丸保山古墳長塚古墳、旗塚古墳、銭塚古墳、履中天皇陵古墳、寺山南山古墳、七観音古墳、いたすけ古墳、善右エ門山 (ぜんえもんやま) 古墳、御廟山 (ごびょうやま) 古墳ニサンザイ古墳

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉