• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

百載無窮の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

永久きわまりなく無限なこと。天地は永遠に不変きわまりないこと。▽「百載」は「百歳」に同じ。百年、転じて、永遠に、永久に、長くの意。「無窮」はきわまりないさま。果てしがないこと。永遠。
句例
百載無窮の月日
類語
天壌無窮てんじょうむきゅう 天地長久てんちちょうきゅう 天長地久てんちょうちきゅう

百載無窮の解説 - 学研 四字熟語辞典

永久にきわまりのないこと。天地は永遠無限に不変であること。
注記
「百載」は、「百歳」に同じ。百年、また、永久・永遠の意。「無窮」は、きわまりのないこと。無限。
類語
天壌無窮てんじょうむきゅう 天長地久てんちょうちきゅう

キーワード[永遠]の四字熟語

「肝が据わる」と「肝が座る」正しいのはどっち? idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。