• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「尉繚子」治本から》どんなに広い海の水でも、飲み水としては一人の渇 (かつ) をいやすにも足りない。大きいばかりが能ではないというたとえ。