• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

内田百閒による随筆集。昭和8年(1933)刊行。師である夏目漱石の思い出や、自身の借金にまつわるエピソードなどを、ユーモアを交えつつ綴る。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉