• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈良・平安時代に日本で鋳造した12種類の銭貨の総称。和同開珎 (わどうかいちん) (708)・万年通宝(760)・神功開宝(765)・隆平永宝(796)・富寿神宝(818)・承和昌宝(835)・長年大宝(848)・饒益神宝(859)・貞観 (じょうがん) 永宝(870)・寛平大宝(890)・延喜通宝(907)・乾元大宝(958)で、いずれも小形円板状、中央に正方形の穴がある。本朝十二銭。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉