• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代に流布した怪異巷説 (こうせつ) 。主家秘蔵の皿を割ったために自殺したり惨殺されたりした女中の亡霊が、皿の枚数を悲しげに数えるというもの。浄瑠璃播州皿屋敷」、歌舞伎狂言新皿屋舗月雨暈 (しんさらやしきつきのあまがさ) 」などに脚色された。