• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

皿のように丸く大きく見開いた目。また、そうした目で注視すること。

「―になって、盗難品を検 (しら) べて居る」〈漱石吾輩は猫である