• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ますらお」に同じ。

「嘆きつつ―の恋ふれこそ我が結ふ髪の漬 (ひ) ちて濡れけれ」〈・一一八〉