• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ハ四]《連語「盗まう」から》すきをぬすむ。
  • 「人にも見せず、―・はれて食ふほどに」〈古本説話集・下〉
[連語]《動詞「ぬす(盗)む」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」。上代語》
  1. 人目を盗んで、し続ける。

    1. 「山川に筌 (うへ) を伏せて守りもあへず年の八歳 (やとせ) を我が―◦ひし」〈・二八三二〉

  1. 人をだまし続ける。

    1. 「心さへ奉 (まつ) れる君に何をかも言はずて言ひしと我が―◦はむ」〈・二五七三〉