• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. トウゾクカモメ科の鳥。全長約50センチ。他の海鳥を襲いえさを横取りしたり、鳥の卵やひな、小動物を食べる。北極圏で繁殖し、冬には南半球まで渡る。

  1. チドリ目トウゾクカモメ科の鳥の総称。北極圏に、オオトウゾクカモメ・トウゾクカモメ・クロトウゾクカモメ・シロハラトウゾクカモメの4種、南極圏に、ナミオオトウゾクカモメ・ナンキョクオオトウゾクカモメの2種が生息する。

[生物/動物名]カテゴリの言葉