• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

謡曲。四番目物観世十郎元雅作。長門本平家物語などに取材。捕らえられて鎌倉へ送られた平家の主馬判官盛久が、清水観音の利益 (りやく) で死を免れる。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉