• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

さかずき。

「あり衣の三重の子が捧 (ささ) がせる瑞玉 (みづたま) (=美シイ)―に」〈・下・歌謡〉