• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

見方にかたよりがあって、適切な判断ができない。「身内が相手だと―・る」