• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 夢中になって、思慮分別をなくすほど好きである。「日本酒には―・い」

  1. 物事のよしあしを識別する力がない。「本質を見る―・い」