• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

そのものは目に入らずに、他のものに気をとられている状態をいう。

「御硯の墨すれと仰せらるるに、―にて、ただおはしますを」〈・二三〉