• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

目の届くかぎりはるかなさま。和歌では「春」「芽も張る」などに掛けて用いる。

「津の国の難波の葦の―しげき我が恋人しるらめや」〈古今・恋二〉