• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動バ下二]多くの人の目で見る。一説に、並べてよく見くらべる。
    1. 「西の市にただひとり出でて―・べず買ひてし絹の商 (あき) じこりかも」〈・一二六四〉

[動バ四]語義未詳。親しくする、仲がよいなどの意か。一説に、目の前に並ぶ。
    1. 「花がたみ―・ぶ人のあまたあれば忘られぬらむかずならぬ身は」〈古今・恋五〉