1. 塩を振ったイワシなどを、目に竹ぐしやわらを刺して数匹ずつ連ね、干した食品。 春》「独り焼く―や切にうち返し/温亭」

  1. 子供の額髪を垂らして、目に触れるほどの長さで切りそろえたもの。転じて、その年ごろの子供。

    1. 「小よろぎの磯たちならし磯菜つむ―ぬらすな沖にをれ波」〈古今・東歌〉