• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 享保6年(1721)8代将軍徳川吉宗享保の改革の一つとして評定所前に設置して庶民の進言・不満などを投書させた箱。箱は将軍の面前で開けられ、将軍が自ら開封し閲覧した。訴状箱。→箱訴

  1. 官公庁や学校などで、広く意見を募るために設置される投書用の箱。→パブリックコメント