• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[形][文]めだた・し[シク]《古くは「めたたしい」》目立って見えるさま。いちじるしい。
  • 「そのあるじよりはよっぽど―・いこの木の縁によって」〈中勘助・菩提樹の蔭〉