• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

目茶目茶の解説 - 学研 四字辞典熟語

物事や言動の筋道がまったく通らないさま。非常に混乱、混雑したさま。程度がはなはだしくてひどいさま。
注記
「目茶」は、当て字で、一説には「無茶」の転化したものともいわれる。同じことばを重ねて語意を強調したもの。
表記
「目」は、「滅」とも書く。
用例
ある日、私は、どんなことになるかと心配だから仕事の現場へ行って見ると、これはどうも驚いた。まるで滅茶滅茶なことをやっている。これには実に閉口しました。〈高村光雲・佐竹の原へ大仏をこしらえたはなし〉
類語
無茶苦茶むちゃくちゃ