• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

唾 (つば) などで目釘をぬらして固定させ、刀を抜く用意をする。

「主従刀の―・し、手ぐすね引いて待ちかけ居る」〈浄・忠臣蔵