[名・形動]

  1. ダツ目メダカ科の淡水魚。平野部の小川や池沼、水田にすみ、群泳する。全長3、4センチ。体は細長くて側扁し、目が大きく、しりびれは雄のほうが雌より大きい。体色は淡暗褐色で、背を黒褐色のすじが走る。本州以南に分布し、地方名が非常に多い。変種のヒメダカやシロメダカは観賞用に飼育される。 夏》「石菖 (せきしゃう) を揃ひて潜る―かな/風生

  1. 物を見る目がすぐれていること。目が高いこと。また、そのさまや、その人。

    1. 「さすがはそなた―なり」〈浮・曲三味線・二〉

出典:青空文庫