1. 主君に直接仕えること。また、その人。⇔陪臣 (ばいしん) 

  1. 江戸幕府に直属した1万石以下の武士。御目見 (おめみえ) 以上の旗本と以下の御家人とに分かれる。

  1. 華族の名門から出た僧で、規定の順序を越えて、勅会 (ちょくえ) 最勝講の聴衆となった人。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫