直情径行の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

感情の赴くに任せて思うとおりに行動すること。▽「直情」はありのままの感情、「径行」は思うことを曲げないで、そのままに行動すること。「情じょうを直なおくして径ただちに行おこなう」と訓読する。
出典
『礼記らいき』檀弓だんぐう
句例
直情径行の振る舞い
用例
気性は私以上に激しく、直情径行で、理ことわりに適かなったことを曲げるのを極端に嫌った。<辻邦生・西行花伝>
類語
軽率短慮けいそつたんりょ 直言直行ちょくげんちょっこう 猪突猛進ちょとつもうしん
対義語
熟慮断行じゅくりょだんこう

直情径行の解説 - 学研 四字熟語辞典

周囲や相手を顧みることなく、感情のなすまま、思うままに行動すること。
注記
「直情」は、ありのままの感情。「径行」は、思いを曲げずに行動すること。「情じょうを直なおして径ただちに行おこなう」と読み下す。
出典
『礼記らいき』檀弓だんぐう・下

直情径行の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]《「礼記」檀弓から》自分の感情のままを言動に表すこと。また、そのさま。「直情径行な(の)性格」

キーワード[実行・やる]の四字熟語

キーワード[向こう見ず]の四字熟語

出典:青空文庫

goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。