• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

直木三十五の解説 - 小学館 大辞泉

[1891~1934]小説家。大阪の生まれ。本名、植村宗一。「時事新報」に月評を執筆。のち、時代小説「南国太平記」で流行作家となり、大衆文学の向上に貢献。他に「荒木又右衛門」「楠木正成」など。

直木三十五の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト 映画監督
出生地
大阪府
生年月日
1891年2月12日 みずがめ座
没年月日
1934年2月24日(享年43歳)
別表記
竹林賢七

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉