• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

直江兼続が慶長5年(1600)、徳川家康に重用されていた僧西笑承兌 (さいしょうじょうたい) に送った書簡。上杉家への上洛勧告に対する返書で、挑発的な内容であったことから家康の怒りを買い、上杉の領地である会津征伐につながったとされる。原本は現存せず、後世の偽作ともいわれる。