• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

一つの部屋に並べて敷かれた床。また、その隣り合わせの床。遊里では間を屏風 (びょうぶ) などで仕切る。

「足のさはるも互ひに御免と、枕も定めず―をきけば伊賀の上野の米屋」〈浮・一代男・二〉