• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

社会通念上、Aという行為からBという結果が生じることが相当であると考えられる場合にのみ、法律上の因果関係を認めるとする考え方。因果関係の有無を判断するための法律上の概念。犯罪の構成要件に該当する行為や損害賠償の責任を負う行為の範囲を適切に制限するために用いられる。