• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

相思相愛の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

互いに慕い合い、愛し合っていること。▽「相思」は相手を慕い合うこと。「相愛」は互いに愛し合うこと。多く男女間に用いるが、自分の入りたいチームなどが自分を獲得したがっている状態などにも用いる。
句例
相思相愛の仲
用例
どっちでもいいけど、もう片想いはやめました。どうせ想うなら相思相愛でなくっちゃいやだもの。<井上ひさし・十二人の手紙>

相思相愛の解説 - 学研 四字辞典熟語

男女がお互いに恋して、愛し合っていること。男女が仲睦むつまじいこと。
注記
「相」は、相手の意と、相互の意と二つの意がある。「相思」は、相手を一方的に慕うことで、「相愛」は、相手を一方的に愛することであったが、この二語が結びついたら、お互いに慕い合い愛し合うという意になった。
用例
地勢治水の関係上苦楽を共にするを以て常に相思相愛の情味を脱する能はざるもの存すればなり。〈田中正造・非常歎願書〉

相思相愛の解説 - 小学館 大辞泉

互いに慕い合い、愛し合うこと。両思い。「相思相愛の仲」

[人間関係を表す/夫婦・男女の愛]カテゴリの四字熟語

出典:gooニュース