五重の塔など仏塔の最上部にある金属製の部分。下から露盤伏鉢 (ふくばち) 請花 (うけばな) 九輪 (くりん) 水煙竜舎 (りゅうしゃ) 宝珠で構成される。九輪だけをさしてもいう。インドの仏塔の傘蓋 (さんがい) が発展したもの。