• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二つの変量間の相関関係の程度を示す数値。

[補説]-1から1までの値をとり、1に近いほど正の相関関係、-1に近いほど負の相関関係が強く、0に近いほど相関関係が弱い。説明変数が1つの場合は単相関係数、2つ以上ある場合は重相関係数という。