徳島県東部、徳島市の市街地背後にある山。標高290メートル。東西になだらかな丘陵で眺望もよく、市のシンボル的な存在。桜の名所。名の由来は、どの方角からも眉 (まゆ) の形に見えることから。

[地理/日本地名/四国]カテゴリの言葉