[名](スル)《「きん(経)」は唐音
  1. 禅宗などで、声を出さないで経文を読むこと。⇔諷経 (ふぎん) 

  1. 声を出して経文を読むこと。読経。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫