• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「かんわぜん」の連声 (れんじょう) 。話は古則・公案のこと》公案を考え、理解していくことによって、大悟 (だいご) に至ろうとする禅風。曹洞宗黙照禅に対し、臨済宗の修行法をいう。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉