• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

各都道府県で、郷土を代表するものとして選び定められた木。栃木県のトチノキ、茨城県のウメ、広島県のモミジなど。→県花県鳥

[補説]県木一覧
北海道:エゾマツ
青森:ヒバ
岩手:ナンブアカマツ
宮城:ケヤキ
秋田:アキタスギ
山形:サクランボウ
福島:ケヤキ
茨城:ウメ
栃木:トチノキ
群馬:クロマツ
埼玉:ケヤキ
千葉:マキ
東京:イチョウ
神奈川:イチョウ
新潟:ユキツバキ
富山:タテヤマスギ
石川:アテ(ヒノキアスナロ
福井:マツ
山梨:カエデ
長野:シラカバ
岐阜:イチイ
静岡:モクセイ
愛知:ハナノキ
三重:神宮スギ
滋賀:モミジ
京都:北山スギ
大阪:イチョウ
兵庫:クスノキ
奈良:スギ
和歌山:ウバメガシ
鳥取:ダイセンキャラボク
島根:クロマツ
岡山:アカマツ
広島:モミジ
山口:アカマツ
徳島:ヤマモモ
香川:オリーブ
愛媛:マツ
高知:ヤナセスギ
福岡:ツツジ
佐賀:クスノキ
長崎:ツバキヒノキ
熊本:クスノキ
大分:ブンゴウメ
宮崎:フェニックスヤマザクラ・オビスギ
鹿児島:カイコウズクスノキ
沖縄:リュウキュウマツ