• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

各都道府県で、郷土を代表するものとして選び定められた花。山形県のベニバナ、愛知県のカキツバタ、三重県のハナショウブ、岡山県のモモ、沖縄県のデイゴなど。→県木県鳥

[補説]県花一覧
北海道:ハマナス
青森:リンゴ
岩手:キリ
宮城:ミヤギノハギ
秋田:フキノトウ
山形:ベニバナ
福島:ネモトシャクナゲ
茨城:バラ
栃木:ヤシオツツジ
群馬:レンゲツツジ
埼玉:サクラソウ
千葉:ナノハナ
東京:ソメイヨシノ
神奈川:ヤマユリ
新潟:チューリップ
富山:チューリップ
石川:クロユリ
福井:スイセン
山梨:フジザクラ
長野:リンドウ
岐阜:レンゲソウ
静岡:ツツジ
愛知:カキツバタ
三重:ハナショウブ
滋賀:シャクナゲ
京都:シダレザクラ
大阪:サクラソウウメ
兵庫:ノジギク
奈良:ナラノヤエザクラ
和歌山:ウメ
鳥取:二十世紀ナシ
島根:ボタン
岡山:モモ
広島:モミジ
山口:ナツミカン
徳島:スダチ
香川:オリーブ
愛媛:ミカン
高知:ヤマモモ
福岡:ウメ
佐賀:クスの花
長崎:ウンゼンツツジ
熊本:リンドウ
大分:ブンゴウメ
宮崎:ハマユウ
鹿児島:ミヤマキリシマ
沖縄:デイゴ

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉