[名・形動]

  1. 純粋に白いこと。また、そのさま。純白。「―な雲」

  1. (比喩的に)そこに何もないこと。空白であること。「頭の中が―になる」「定年を迎えスケジュール表が―だ」

  1. 混じりもののないこと。純粋・無垢 (むく) であること。「―な気持ちで事に当たる」

出典:gooニュース

出典:青空文庫