認識上の真と、倫理上の善と、審美上の美。人間の理想としての普遍妥当な価値をいう。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫