• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「まそ」は「ますみ」の音変化、または、ととのっているものの意という》

[名]鏡をほめていう語。立派な鏡、また、よく澄んだ鏡。
    1. 「―手に取り持ちて朝 (あさ) な朝 (さ) な見れども君は飽くこともなし」〈・二五〇二〉

[枕]鏡のありさま・働きや置き場所などいろいろな意でかかる。
  1. 「見る」にかかる。

    1. 「―見ぬ日時なくあらましものを」〈・四二二一〉

  1. 「懸く」にかかる。

    1. 「―かけて偲 (しぬ) へとまつり出す」〈・三七六五〉

  1. 「床 (とこ) 」にかかる。

    1. 「―床の辺 (へ) 去らず」〈・二五〇一〉

  1. 「磨 (と) ぐ」にかかる。

    1. 「―磨ぎし心を許してば」〈・六七三〉

  1. 「清し」にかかる。

    1. 「―清き月夜 (つくよ) に」〈・一五〇七〉

  1. 「照る」にかかる。

    1. 「―照れる月夜 (つくよ) も闇のみに見つ」〈・二八一一〉

  1. 「面影」にかかる。

    1. 「―面影去らず」〈・二六三四〉

  1. 鏡に蓋 (ふた) があるところから、「ふた」にかかる。

    1. 「―二上山 (ふたがみやま) に」〈・四一九二〉