• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ほんものであること。また、そのもの。

「さながらの―のごとく見えしめんことを望み」〈逍遥小説神髄