• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

いつわりや、まじりけのないこと。純真。

「いずれも―の道理を討ねて常に怠ることなかりしかど」〈逍遥・美とは何ぞや〉