イネ科の多年草。沼地に群生し、高さ約2メートル。葉は長くて幅広い。初秋、上方に雌花穂、下方に雄花穂を円錐状につける。茎・葉でござを編み、種子と若芽は食用。また黒穂菌 (くろぼきん) がついて竹の子状となった茎を菰角 (こもづの) などといい、食用にする。はなかつみ。かつみぐさ。ふししば。こも。こま。 夏 花=秋》

出典:青空文庫