《「ままのてごな」とも》下総 (しもうさ) 国葛飾 (かつしか) (千葉県市川市真間)に住んでいたという伝説上の女性。万葉集山部赤人高橋虫麻呂の歌によると、多くの男性の求婚にたえられず、真間の海に入水自殺したという。→手児奈

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉