• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

物思いに沈みながら見る空。

「心の通ふならば、いかに―も物忘れし侍らむ」〈・賢木〉