1. 見渡すこと。遠くまで見ること。また、その風景。眺望。「眺めのきく場所」「眺めが良い」

  1. 物思いにふけりながら見ること。和歌では多く「長雨 (ながめ) 」と掛けて用いる。

    1. 「花の色は移りにけりないたづらに我身世にふる―せしまに」〈古今・春下〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫