脊椎動物の視覚をつかさどる、一対の球状の器官。眼窩 (がんか) 内に収まり、強膜または角膜脈絡膜網膜の3層の膜に包まれ、内部に水晶体硝子体 (しょうしたい) などが入っている。外からの光が角膜および両凸レンズ状の水晶体を通って網膜上に像を結ぶ。めだま。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉

[医学/人体]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース