《「目 (ま) の子」の意》

  1. 目。目玉。「どんぐり眼」「寝ぼけ眼」

  1. 物事の本質などを見通す力。

    1. 「小説に勧懲の徳なきにあらで、読者に読書の―なきのみ」〈逍遥小説神髄

  1. 黒目 (くろめ) 。

    1. 「その雷虺虺 (ひかりひろ) めき、―赫赫 (かかや) く」〈雄略紀〉

  1. 見える範囲。視界。

    1. 「月のすむ空はほかにもかはらぬを―に余る広沢の影」〈六百番歌合・秋〉