[動カ上一][文][カ上一]
  1. 衣類などを身につける。からだ全体または上半身にまといつける。着用する。「着物をきる」「上着をきる

  1. 物事を自分の身に引き受ける。

    1. ㋐(「…をきる」の形で)身に負う。かぶる。「ひとの罪をきる

    2. ㋑(「…にきる」の形で)相手の行為をありがたく受ける。こうむる。「恩にきる

[補説]「きる」は本来、衣服などを身につける意で、着物以外に袴 (はかま) ・笠・烏帽子・兜 (かぶと) ・布団・刀などについても用いられた。現代では主としてからだ全体や上半身に着用するものをいい、袴やズボンなどは「はく」、帽子や笠などは「かぶる」、刀などは「おびる」というように、どの部分につけるかによって異なる語が用いられる。

出典:青空文庫

出典:gooニュース